保湿力に優れるリキッドファンデが知りたい!メリットや使い方も確認!

リキッドファンデーションは保湿力とカバー力が高くて愛用者も多いですよね。しかし、種類がたくさんありすぎて何を選べばいいかわからない方もいるはず。今回はリキッドファンデーションの魅力やメリット、デメリット、おすすめアイテムなど幅広くご紹介します。

保湿力抜群!リキッドファンデーションがすごい!


ファンデーションには様々な種類がありますが、なかでも人気なのがリキッドファンデーション。
しっかりメイクからナチュラルメイクまで、どのタイプのメイクにも対応できるファンデーションですよね。

リキッドファンデーションは肌なじみがよく、それでいて保湿力とカバー力に優れているものが多くあります。ツヤ感メイクにも欠かせないアイテムで、透明感を引き出してくれます。

リキッドファンデーションのメリット


油分を多く含むリキッドファンデーションは、肌に潤いを与えてくれるので乾燥しにくいです。ツヤ肌にはもってこいのファンデーションとして愛用者も多いです。また、カバー力があり、肌への密着度が高いので、シミやそばかす、赤みなども隠すことができます。

さらに、メイクに幅も出せます。重ねて塗ることでしっかりめのメイクに仕上がり、薄く塗ればナチュラル感が強めになりますよ。

リキッドファンデーションのデメリット


他のファンデーションと比べるとカバー力が高いものの、油分が多めなのでテカリやすいです。この点はリキッドファンデーションの一番のデメリットといえるでしょう。

また、メイクが崩れた時は、プレストパウダーなど他のアイテムが必要不可欠。あと、リキッドファンデーションを塗る時に手が汚れやすい点もデメリットとして挙げられます。

リキッドファンデーションの使い方

■リキッドファンデーションを塗る前に充分な保湿を!

保湿力&カバー力があるリキッドファンデーションですが、塗る前に肌のコンディションを整えおきましょう。肌なじみをよりよくするためにも、保湿は徹底してください。
また、スキンケアの最後にティッシュオフするのもおすすめ。余分な水分や油分を軽くふき取ると、リキッドファンデーションをキレイに塗ることができます。

■さらに下地をプラスする
もし肌に赤みや黄みっぽさ、くすみが気になるなら化粧下地で肌色補正するのもいいでしょう。下地を塗ることで肌表面になめらかさが出て、リキッドファンデーションの密着度が増します。

■塗る時は道具を使った方が仕上がりがキレイに!
リキッドファンデーションは手で塗るとナチュラル感が出て、スポンジやブラシを使うときちんと感が出やすくなります。
おすすめの塗り方は、最初に手で塗った後、最後にスポンジを使ってなじませてあげる方法です。こうすると、綺麗にムラなく仕上がります。

■ラストはお好みでフィニッシュパウダーを!
ツヤ肌に仕上げることもできるリキッドファンデーション。ツヤ肌を強調したいなら、最後にパウダーを塗るのは控えた方がいいでしょう。もし化粧崩れが心配なら、薄づきで使用してください。

それでは最後に、保湿力が高いおすすめのリキッドファンデーションをご紹介します。

保湿力が高いリキッドファンデーション①ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) ダブル・ウェア・ステイ・イン・プレイス・メークアップ


セミマットで美しい仕上がりになるリキッドファンデーション。少量でもなめらかに伸びて、フィット感も抜群。つけた時と同じような状態を長時間キープします。

保湿力が高いリキッドファンデーション②REVLON(レブロン) カラーステイ メイクアップ N


塗った瞬間からみずみずしさを与えてくれるリキッドファンデーション。皮脂コントロールもしてくれるのでテカリにくいです。毛穴をカバーしてマット仕上がりに演出してくれます。

保湿力が高いリキッドファンデーション③NARS(ナーズ) ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション


ライトなつけ心地が特徴的なリキッドファンデーション。上品でナチュラルな印象に仕上がるのにカバー力が高いのが人気の理由です。

普段は違うファンデーションを使っている人も、一度リキッドファンデーションを試してみてはいかがでしょうか。きっとツヤ感もきちんと感も叶えてくれる万能さに魅力を感じるはず。保湿力やカバー力にも優れているので、乾燥肌や肌悩みがある人にもぴったりなアイテムですよ。ぜひおすすめのアイテムを参考にしてみてください。
最終更新:2024年06月21日